SIMGOT EM2

SIMGOT JAPAN様より、2019/05/22発売のSIMGOT EM2の試聴機を提供していただいたので、しばらく試してみました。Amazonで商品ページも公開されてますね。

開封

シンプルなイラスト、しかも同系色で描かれてるシックなパッケージ。

イヤホン内部構造のイラストが描かれスペックが表示されています。

SIMGOT EM2パッケージ内部

パッケージを開け、内箱の蓋を外したところ。レザー製のイヤホンケースとイヤホン本体(5色展開の「透明」でした)が見えます。

SIMGOT EM2イヤピース2種

イヤピースは低音域重視のバランス型と中高音域重視の大開口型があります。試聴はバランス型Mサイズで行いました。

外観

SIMGOT EM2外側

ケーブルを装着しました。本体カラー「透明」ですが、各パーツはピンクゴールドっぽくて女性にも好まれそうな色合いです。イヤホンとケーブルの接続部は独特な形状で、イヤホン側の端子部はフラットで、ケーブル側の0.78mm CIEM 2pinにカバーするパーツが追加されてます。ケーブルは4芯6N銅と銀メッキ混合線。編み込みも綺麗で標準ケーブルとしては充分なものです。

SIMGOT EM2内側

筐体が透明なので、内部構造も見えますね。仕様によると10mmダイナミック型ドライバ1基 (高分子複合チタン振動膜)& Knowles製BAドライバ1基(RAF-32873)のハイブリッド型。このダイナミック型ドライバはEN700PRO(これは良い音だった)と同じものを使用しているようです。

試聴

iBasso DX200とSIMGOT EM2

試聴はスマホのLG V30+をメインに、iBasso DX200でも聴いてみました。低インピーダンス(10Ω)なので、普通のスマホでも無理せず鳴らせます。高出力のDAPではLow Gainに設定してもボリュームをあげなくて大丈夫。

試聴曲はfripSideとかKalafinaとかのアニソンメインで。第一印象は「聴き疲れせず、楽しい音」です。ボーカルがとにかく最初に入ってきますが、低音域のリズム隊もレスポンス良く刻まれますし、シンバルなどの高音域もシャープです。1DD+1BAというハイブリッド構成ですが、基本的にDDがフルレンジを担当しつつBAが高音域の味付けになっているという音質チューニングは違和感がなく上手くいってます。

色々と音源を替えて聴いてみましたが、ポップス、ロックがやはりメインターゲットでしょう。クラシックやジャズもそつなく鳴らしますが、熱さや勢いの感じられる曲調に強みがあります。高音域のシンバルやトランペット、ヴァイオリンなどは切れ味よく刺さる寸前の鋭い煌きがあります。中音域のボーカルやエレキギターは細かいニュアンスまで再現され分離感が高いです。低音域のベースやドラムについては、量もしっかり出ているけど質もレスポンス良くタイトで切れ味が良いです。全体的には良いドンシャリでリスニングモデルとして良くまとまっています。

バランス化

2.5mmバランスケーブルに換装

手持ちに2.5mmバランスケーブル(Yinyoo YYX4745)があったので、交換して試してみました。解像度や出力は上がりましたが、各音域の主張がちょっと強くなりすぎてバランスが崩れた感もあります。

社外品ケーブルとの接続部

2本のピンだけで結合してるので、強度や耐久性はちょっと。qdc/旧UEカスタム用のリケーブルが使えるようなので、そちらを合わせるのも良いでしょう。音作りと合わせて純正バランスケーブルが出てくれることを願います。

最後に

試聴機を提供いただいたSIMGOT JAPAN様に改めて感謝します。アマゾンでは¥12,800で販売予定ですが、ライバルの多い価格帯の中でも充分に戦えるだけの音の良さ、モノとしての良さがあります。EN700PRO以来の日本市場再進出となりますが、今後の上位機種追加にも期待しつつ応援しています。

アフィリエイト